野菜ジュースとグリーンスムージーの違いとは?

野菜は大切な栄養源

野菜の栄養は私たちにとって、欠かすことができない大切なものです。しかし、忙しかったり、一人暮らしでたくさんの野菜を揃えるのが大変だったり、なかなか野菜を食べられない人も多いでしょう。それに新鮮な野菜を食べるのは買いにいったりレシピを考えたり、毎日続けるのは大変です。普段野菜を食べられない代わりに、健康のために野菜ジュースやグリーンスムージーを飲んでいる、という話をよく聞きます。どちらも野菜を材料にした飲み物ですが、その違いは一体何なのでしょうか?

野菜ジュースとグリーンスムージーの違いって?

野菜ジュースとグリーンスムージー、どちらも主に野菜を使っているという点では同じですが、材料が異なります。野菜ジュースはニンジンやトマトなどが使われることが多いですが、グリーンスムージーには主に緑の葉野菜が使われます。また野菜ジュースは、野菜や果物の果汁を摂るのに対し、グリーンスムージーはまるごと摂ります。グリーンスムージーはまるごと摂るので、食物繊維が豊富で、野菜そのままの栄養素を摂ることができます。食物繊維が入っていることで満腹感を得られるので、ダイエット効果を期待するならグリーンスムージーが向いています。毎日手軽に野菜の栄養を補いたいなら、野菜ジュースのほうが手軽でしょう。野菜ジュースはスーパーやコンビニなど、どこでも販売されているので入手がしやすいからです。ただし、市販されている野菜ジュースは飲みやすくするために甘味料が使われていたり、防腐剤が入っているため、摂りすぎには注意が必要です。最近ではグリーンスムージーも水を注ぐだけで作れるものがあちこちで売られるようになりました。グリーンスムージーを手作りするのは大変だけど、興味があるという人は、そういった簡単に作れるものから挑戦してみるといいでしょう。

毎日野菜を摂れないときは活用しよう!

野菜ジュースもグリーンスムージーも、普段なかなか食べられない野菜の栄養素を補ってくれる便利な食品です。野菜の栄養は人間のからだに必要不可欠なものです。毎日野菜を350グラム摂取するのが理想と言われていますが、いろいろな種類を買い揃えるのが難しい、忙しくてきちんと食事ができないなど、食べるのが難しい場合もあります。野菜そのままを毎日食べるのが一番ですが、どうしても難しいときは野菜ジュースやグリーンスムージーを補助食品として頼ってみるのはいかがでしょうか。