野菜ジュースって意味があるの?

手軽な野菜ジュースだけで生きていける

野菜ジュースは、スーパーやドラッグストアやコンビニなど、いつでもどこでも買うことができます。しかも何種類もの野菜を買うことを考えれば、かなり安く手に入れることができます。またどんなに時間がなくても、コップに注ぐだけでおいしく飲むことができる食品です。健康や美容のために、毎日飲むのを習慣にしているという人も多いでしょう。

こんなに手軽なのだから、できることなら生野菜を食べずに野菜ジュースだけではだめなの?と思ってしまいます。しかし、野菜ジュースだけでは、1日に必要な量の栄養をとることはできません。1日分の野菜を使用していることをうたっている野菜ジュースもありますが、「1日分の野菜を使用している=1日に必要な栄養が摂れる」というわけではありません。野菜ジュースは、野菜の汁のみを使って作っており、食物繊維が含まれていません。また加熱処理されているので、栄養素も減ってしまっているのです。だから生野菜を食べたほうが、たくさんの栄養を摂取することができます。

野菜ジュースを飲んでも意味がないの?

野菜ジュースは、普段生野菜を食べる機会が少ない人には意味があります。例えば、野菜嫌いの人、外食が多い人、一人暮らしであまり野菜を買わない人などです。生野菜に比べて野菜ジュースのほうが摂れる栄養は少ないですが、生野菜を食べないのなら野菜ジュースからでも栄養を摂ったほうがいいでしょう。市販されている野菜ジュースは、果汁を足したり、糖分や塩分で味が調整されたりしているため、野菜嫌いの人でも飲みやすくなっています。また外食が多くなってしまったり、さまざまな野菜を買い揃えるのが難しくて、栄養が偏りがちでも、野菜ジュースには何種類もの野菜が使われているので、まんべんなく栄養をとることができます。

1日に350グラムの野菜を食べるのが理想的だと言われていますが、野菜嫌いじゃなくてもかなり意識しないとこれだけの量を食べることはなかなかできません。健康や美容のために、しっかり野菜の栄養を摂りたいというときは野菜ジュースが手軽です。ただし、先にも書いたように、野菜ジュースには糖分や塩分が含まれているので摂りすぎには注意が必要です。

つまり、普段生野菜を食べる機会がない人にとっては、野菜ジュースは意味がある食品です。できる限り生野菜を食べたほうがいいですが、どうしても難しいときは野菜ジュースで補うようにしましょう。