手作り野菜ジュースは保存できるか

野菜ジュースを保存したい

市販の野菜ジュースは長期間保存可能ですが、手作り野菜ジュースも保存可能なのでしょうか。それは不可能といった方がいいですね。手作りした野菜ジュースはやはり作り立てを飲むのが新鮮で栄養価も高いです。時間が経つと酸化し変色してしまいますし栄養価も低くなります。ミキサーなどで作った野菜ジュースを1日冷蔵庫で保存して飲むという人も多くいるようなので飲むことに対する心配はないかもしれませんが、栄養面で考えると飲む度に作る方がいいというのは確実です。

冷凍保存

野菜ジュースを飲む度に手作りするのは少々手間のようにも思えます。なので作るときに多めに作り冷蔵保存できるといいのですが、酸化してしまうことなどから、あまりおススメはできません。そこで冷蔵ではなく冷凍で保存することを知りました。密閉袋に入れ空気を抜いた状態で保存するのです。空気を抜くときに袋に入れた野菜ジュースも出てきてしまうので気を付けてください。簡単に冷凍する方法として製氷皿がおススメです。手作りした野菜ジュースを製氷皿で瞬間冷凍することで保存は可能です。しかし冷凍したからと、何日間も保存しておくことは好ましくありません。冷蔵保存よりいいというだけのことです。

野菜ジュースの保存については賛否両論

手作り野菜ジュースの保存期間について、冷蔵庫であれば1日は大丈夫という意見と、作り立てでないとよくない、保存はできないという意見と賛否両論です。 野菜も日にちが経つと鮮度はもちろんのこと栄養価も下がるのと同様に手作りした野菜ジュースも時間が経つにつれ栄養価が下がることはわかります。また変色するのもおわかりかと思います。どうやら1日保存したものは作り立てに比べて味も落ちるようです。

全てを踏まえてどうするか決めよう

野菜ジュースを手作りして保存するか、飲む度に作るのかは自分次第というところでしょうか。多少鮮度や栄養価は下がっても飲む度に作るのは大変という人は朝または夜作って1日保存しながら飲むのもいいかもしれませんし、市販のものではなく手作りしてより多くの栄養を摂りたいという人でしたら、やはり飲む度に作る方がいいのかもしれません。 どちらの場合も自分が何を望むかで決めるといいですね。

栄養価の高い新鮮野菜をできるだけとろう

野菜ジュースを手作りする場合は、できる限り新鮮な野菜を使ってもらいたいと思います。 毎日無農薬の新鮮野菜を常備するのは難しいと思いますが、栄養価は高いですし生のまま摂るので無農薬の方がより安心できるかと思います。 それぞれ生活スタイルに合わせて無理のない範囲で手作り野菜ジュースを楽しみ健康になれるといいですね。