美肌になるための野菜ジュースレシピ

野菜ジュースを飲んで美肌になりたい

健康や美容の為に野菜を食べる人は多いと思います。しかし食べるだけでは限度があります。より多くの野菜を摂取することで健康はもちろん、美肌にもなりたいものです。 そこで、特に美肌になれるレシピを2つ紹介します。

美肌になるため野菜ジュースその1

材料
にんじん・バナナ・りんご・レモン汁・パセリ

にんじんは、レンジで加熱します。 材料全てをミキサーにかけて完成です。

美肌になるための野菜ジュースその2

材料
にんじん・トマト・赤ピーマン

にんじんは、レンジで加熱します。 材料全てをミキサーにかけて完成です。

食物繊維とビタミンCを摂る

上で紹介したレシピは美肌作りに必要な食物繊維とビタミンCが豊富なので特におススメです。他にも美肌レシピはたくさんあるので、これを参考にしながら他のレシピも調べてみてはいかがでしょうか。作りながら、オリジナルレシピも考えてみるのも楽しいですね。 また最大のポイントは美肌作りの為に野菜ジュースを作る時はジューサーではなくミキサーを使うことです。

ジューサーとミキサーの違い

ここでジューサーとミキサーの違いに触れておきます。 ジューサーは名前の通りジュースを作るための道具になります。果物や野菜から繊維質を分離し、水分を絞り出すものです。繊維質が含まれないので飲んだ時の口当たりがサラサラしています。 ミキサーは刀で果物や野菜を細かく切り刻み(撹拌)材料を混ぜ合わせる道具です。繊維質も全て含まれるので、ドロドロした感触になります。材料によりペースト状になることもあります。

違いを踏まえて野菜ジュース作りに使いたい

同じ材料の組み合わせでも、ジューサーとミキサーとでは完成品の栄養素が異なることがわかりました。 上で紹介した美肌レシピでは食物繊維を豊富に摂りたいのでジューサーではなくミキサーで作る方がいいということです。 ジューサーは繊維質を分離するので、栄養素の吸収は高くなります。 反対に栄養素のバラエティを増やしたい場合は繊維質を分離せず、全ての栄養を撹拌し丸ごと摂れるミキサーが向いています。

基本は食べること

野菜ジュースに頼らず、可能な限り野菜は食べて栄養を摂りたいものです。 それが難しい時や、より多くの野菜の栄養を摂りたい時に野菜ジュースをという飲み方がいいですね。 ジューサーとミキサーの違いもわかり、それぞれメリットとデメリットがあるので、摂りたい栄養素により使い分けるとより良いでしょう。