【1ヶ月で4キロ】手軽に痩せれる市販の野菜ジュースを使ったダイエット方法

野菜ジュースダイエットは、スーパーやドラッグストアとどこにでも売っている野菜ジュースで手軽にダイエットができることにあります。

また、ダイエット中も空腹感に悩むこと無く、今までどおりの食事を行うことができます。

普通に食べても痩せるの?と疑問も多いでしょうが、実際に痩せますし、空腹感とは無縁です。

テレビの「林先生が驚く初耳学」でも紹介され、1ヶ月で4キロ痩せています。

どれくらい簡単に野菜ジュースで痩せられるかというと

野菜ジュースダイエットのやり方は、非常に簡単。

食事の前に野菜ジュースを飲むだけです。

これがテレビでも紹介されたダイエット効果のあるやり方になります。

特に夕食前に行いましょう。

  • 手順1
    夕食前30分に野菜ジュースを飲む
    飲む野菜ジュースに豆乳を加えると満腹感が更に強くなりより効果的。(混ぜるのはヨーグルトでも可)
  • 手順2
    普通通りの夕食
    野菜ジュースを飲んでから今までどおりの夕食を摂りましょう。
  • 手順3
    たったこれだけ
    毎日この方法を行いましょう。

テレビ初耳学で分かった!ダイエット効果は1ヶ月で4キロ!

林先生の初耳学で取り上げられた食前野菜ジュースのダイエット効果は、1ヶ月で4キロというもの。

これが野菜ジュースを使った断食やファスティングでの結果なら、少し物足りないものがありますが、今までの食生活を変えずに1ヶ月で4キロ痩せることに成功していますからスゴイことですよね。

実際に痩せるかどうか試した女性のデータは、ダイエット前は身長158cm、体重57.9キロです。

1ヶ月 食前野菜ジュースダイエットの方法を普段の生活に取り入れた結果
体重:57.9キロ → 54.1キロ(差 3.8キロ)
ウエスト:79.2cm → 71.5cm(差 -7.7cm)
ヒップ:100cm → 91.8cm(差 -8.2cm)

初耳学でなぜ野菜ジュースを食事の前に飲むことで痩せれるのか?という理由が説明されています。

痩せる最大の理由は『リコピン』にあった

食事前に飲みごたえのある野菜ジュースを飲むことでその後の食事の量が減るということもありますが、それ以上にトマトに多く含まれている『リコピン』が重要だそうです。

リコピンは、生野菜から摂るよりも野菜ジュースから摂ったほうが量も多く吸収率もいいです。

野菜ジュースははじめから、よく噛んだ状態と同じように砕かれた状態にあります。
そのため普通に野菜を食べるよりも野菜ジュースで摂ったほうがリコピンの吸収率は3.8倍も違うのです。

リコピンのダイエット効果

  1. 血糖値を下げる働き
  2. 脂肪増加を抑える働き
  3. 血液中のコレステロールの酸化を抑えてくれる

リコピンは健康だけでなくダイエットに効果的な作用もあります。

そのため多くのリコピンを吸収することはダイエットに役立つのです。

野菜ジュースを使ったダメなダイエット方法

「野菜ジュース ダイエット」で検索すると野菜ジュースを使って断食やファスティングを行いましょう。
という意見も見られますが、あまりいい成果は期待できません。

一時的に痩せることは可能でも断食では継続することは難しいため、結果的に食前に野菜ジュースを飲むスタイルのほうがキレイな体型を維持できます。

断食・ファスティングは一時的な効果

断食・ファスティングダイエットがダメと言っているのではなく、断食中は空腹感に悩まされますし、思考能力やイライラといった負の部分が大きいです。

それに痩せたあともダイエット前と同じような食生活を送れば結局太って元の体重にリバウンドしてしまいます。

飲んでいる野菜ジュースに砂糖や塩などの添加物が入っていると逆に太ることも

野菜ジュースを選ぶ時適当に手に取っていませんか?

野菜ジュースといえど、砂糖や塩が添加されている市販のものもあります。

塩や砂糖が入った野菜ジュースを毎日飲めば当然太りやすくなります…

そのためダイエットに使う野菜ジュースは無添加なものを選びましょう。

また素材(原料)に果物が含まれているものも糖質が多いため避けたほうがいいでしょう。

ダイエットにおすすめの野菜ジュース

無添加かつ原料に果物が含まれていない野菜ジュースでおすすめは、カゴメから発売されている「つぶより野菜」がベストでしょう。

つぶより野菜には、リコピンが多いトマト(品種改良された凛々子)が使用されています。

1本の野菜ジュースの中には、リコピンが5.6mg~17mgも含まれています。

その吸収率は生野菜から摂るよりも3.8倍も吸収率がアップしていますから、掛けますと21.3~64.6mgのりこピン入り生野菜を摂るのと同じになります。

またカゴメのつぶより野菜を選ぶメリットはもう一つあり、野菜ジュースの中身が液体ではなくスムージー(粒状)のようになっていますので、食物繊維が豊富でお腹に溜まるということです。

満腹感を得られやすく、しかも腸内環境の改善にも素晴らしい効果をもたらしてくれます。

>カゴメのつぶより野菜のキャンペーンはこちら

ただ価格が少し高いのが気になる人には、キッコーマンのプレミアムあらごし野菜ジュースがおすすめです。

こちらなら1本あたり150円と続けやすい金額です。

プレミアムあらごし野菜ジュースも野菜は1缶で350g分摂れますし、リコピンの量も11mgあります。

食感もあらごしですので、十分食物繊維が残っており、満腹感と腸内改善効果をもたらしてくれます。

>続けやすい野菜ジュースのプレミアムあらごし野菜ジュースはこちら

参考:色んな野菜ジュースから比較して選びたい方はランキングページからどうぞ

野菜ジュースダイエットの正しい方法は食前に飲むだけ

野菜ジュースダイエットの正しい方法は、先ほどまとめた通り食事の30分前に野菜ジュースを飲むだけ

ただ、毎食の前に野菜ジュースを飲むとカロリーを摂りすぎますしお金も掛かるためおすすめしません。

まずは夕食前に野菜ジュースを飲むだけ。にするといいでしょう。

  • 手順1
    夕食前30分に野菜ジュースを飲む
    飲む野菜ジュースに豆乳を加えると満腹感が更に強くなりより効果的。(混ぜるのはヨーグルトでも可)
  • 手順2
    普通通りの夕食
    野菜ジュースを飲んでから今までどおりの夕食を摂りましょう。
  • 手順3
    たったこれだけ
    毎日この方法を行いましょう。

簡単なダイエット方法でしょ?

満腹感を更に高めてダイエット効果を上げるには豆乳かヨーグルトがベスト

更に野菜ジュースダイエットの効果を上げるには、野菜ジュースにプラスして『豆乳』『ヨーグルト』を加えるとより満腹感が増えますので、夕食は普段どおり食べようと思ってもあまり食べれないでしょう。

ちなみに夕食は、きちん炭水化物摂るようにしましょう。

一時期流行った炭水化物抜きダイエットのイメージで更に効果をあげようと炭水化物を抜こうとする人がいます。

そうすると脳への糖分が足らなくなり健康状態や精神状態は良くありません。

なので、夕食はバランスよく普通に食べてください。

知っておきたい野菜ジュースの事